健康被害もありえる

下半身

陰茎のことで悩んでいる男性はたくさんいます。大きさなど悩みは様々ですが、中でも多いのが、包茎という悩み。日本人は比較的包茎が多いですが、やはり男として恥ずかしい、自信が持てない、とコンプレックスに感じる人が多いのは事実です。特に特定のパートナーがいる男性は、恥ずかしいという気持ちから上手く性行が出来なかったり、パートナーも膣炎を起こしたりなどのトラブルも起きやすいと言われています。また重度の包茎は、皮の中にバイ菌が溜まりやすく、亀頭包皮炎や尿道炎などの病気にかかりやすくなってしまいます。このように包茎はまれに健康状態に影響を及ぼすこともあるので、包茎に悩む人はぜひ包茎手術を受けるのがおすすめです。

包茎の種類

包茎には、真性包茎、仮性包茎、かんとん包茎という三つの種類があります。真性包茎は、勃起時にもまったく亀頭が露出せず、ずっと皮をかぶっている状態の包茎です。仮性包茎は、勃起していないときは皮をかぶっていても、勃起時はきちんと亀頭が露出するというタイプ。かんとん包茎は二つの中間のようなタイプで、勃起時には皮が剥けても、亀頭の方が大きく根元を締め付けてしまい痛みが伴うというタイプの包茎です。このうち仮性包茎の場合は、問題なく性行が出来ている場合、基本的に手術の必要はありません。真性包茎とかんとん包茎は、健康被害を招く恐れも大きく性行のトラブルも起きやすいため、包茎手術がおすすめです。

手術方法について

まず包茎手術の基本となるのが、亀頭直下法という方法です。三種類のどのタイプでも受けることが出来ます。余剰包皮を正確に計測して切除し、その後縫合するというやり方で、縫合部分は亀頭の根元になるため傷跡が目立ちにくいなどのメリットがあります。ただし、専用器具などは使用しないため、医師の腕が非常に重要になってきます。またクランプ法という方法もあります。これは亀頭にコーンと呼ばれる器具を装着し、包皮をその上にかぶせます。そしてリングのように穴の開いた器具をかぶせ、包皮を包み込むようにして切除するという方法です。特殊な器具を使って簡単に手術が出来るため、熟練の腕などは必要なく、クリニック選びが容易というメリットがあります。また15分程度と非常に短い手術時間で終わるので、身体的負担も少ないです。他にもクリニックによって様々な方法がありますので、カウンセリングをしっかりしてもらい自分に合う方法で包茎手術を行いましょう。