目次

保険で安く治す方法

下半身

男性器の悩みの中で、深刻な部類に入るのが、カントン包茎と真性包茎です。このような症状の場合、勃起や射精にも不具合が生じる場合があることから、できれば精通を経験する前に治療を受けることが好ましいと考えられています。もちろん、成人してからも治療を受けて症状を改善することは可能です。これらの症状のある場合には、保険が適用されるため、通常よりも安く治す事ができます。一般的な手術方法は、亀頭の下を切開し、包皮を剝いで縫合します。陰茎のシワと重なるので、傷跡は目立ちません。

ツートンカラーを防ぐ

包茎手術後のトラブルで最も多いのが、皮膚がツートンカラーになってしまい、手術したことが目立ってしまう症状です。これを防ぐために、現在では新しい包茎手術の方法が開発されています。亀頭より少し下の部分に余った皮膚をたるませるようにして余裕をもたせます。そうすることで、勃起をしたときにも陰茎荷違和感をおぼえることが無くなります。さらには、亀頭より下の部分で緩やかに皮膚の色が変わるように治療を行うことから、ツートンカラーになりにくいのが特徴です。カウンセリングで仕上がりのデザインを決められます。