はずかしいことではない

筋肉質な男性

思春期の男子の悩みに、包茎と言うことがあります。多くの場合皮がむける仮性状態で実際にSEXをする場合でも不都合はないのですが、見た目を気にすることから手術を希望する人が多くなっています。特に好きな女性の前で、皮を被ったままの状態を晒し出すことに抵抗を感じてしまうことから、SEXを避けてしまう男性もいると言われます。皮を被っていることが、まだ子供から脱していないイメージを持つケースもあり、大勢で入るお風呂などにも行けない人もいるようです。SEXが不可能な包茎には真正包茎とカントン包茎があり、これらの手術に当っては保険治療となりますが、仮性包茎の場合では保険適用となりませんので病院へ行く前には注意が必要です。

不衛生にならないために

下半身

皮が被ったままの包茎状態ではSEXも不可能であり、更には不衛生と言うこともあり、早めの治療が良いと思われます。ですが保険対象となるには手術の方法が決められており、自分の希望を通すことは出来ないことも起きる可能性が出て来ます。この手術の時の自己負担はおよそ1万5千円程度で終わると考えられますが、処方箋料金や初診料などを考えると3万円程度となることが一般的となっています。

費用には大きな違いも

下半身

包茎男子の多くは仮性包茎と言われることから、治療を希望する人の多くは保険適用にならないと考えられます。銀座にある美容整形外科にも多くの男性が通うと言われますが、多くの人は皮をむいてもらう手術を受けているのでしょう。そのためか費用がかなり高くなり、手術費用が安い病院では数万円と言う所もありますが、高値になると20万円を超す病院も多くなっていま美容整形に行く男性は仕上がりも気になっているのでしょう。